栄養士から 心ある人々へ残したいこと  ささやかな遺言                                                                         

あなたは
何人目の訪問者

思い出し療法からお入り下さるといいかも知れません




































栄養士から 心ある人々へ 食事療法その他


一時的でも大事な命が救える 腎不全食
20年12月6日

植物でさえ懸命に生きている。命の尊さは健康な時
にはあまりにも当たり前で意識にのぼらない。 豪
華な花よりも、そっと活けられた可憐な風情に心惹
かれるこの頃、大病から生還出来たことに感謝し、
心ある人々、後輩たちに残したい諸々のことをゆっ
たり綴りたい思いにかられ、書き始めた

〇〇〇さくら野の花展より〇

栄養士生活約50年の中から後輩達や心ある人々に
残したいことを順不同で綴りたい
20年12月8日

以前 あずさ2号ではありませんが、特急あずさに乗り、友
人達と八ヶ岳南麓の小さなホテルに
治療食を食べに行きま
した。栄養士たちの研修の一部です。その時の美しい夜明け。

友人撮影

   

新ブログへリンクは下記
プラス発想他何でもあり




































 JR 甲斐大泉の ホテル
   デュ シェルブルー
  0551−38−3208
  では、管理栄養士が病状に応  じたフランス料理を研究し提    供している 


治療食を提供してくれる店は少ない