楽レクキットってなに?
メニューいろいろ
私の足跡
『価格』

{ PAGE TOP }

レクリエーションのお困り!!ありませんか? クラフト倶楽部がご家族様にも喜ばれる『価値』をお届けします! クラフト倶楽部の『楽レクキット』 使えば六十分、仕込みは三十日、ひたすら半世紀 MADE IN JAPAN メードインジャパン

お店情報 / お問い合わせ / Q&A / オンラインストアー / ブログ

『ホーム』 / 『楽レクキット』 / 今月のオススメ / 初めての方に / ぷろふぃーる / 私の足跡

●クラフト倶楽部の『楽レクキット』を製作:デザインの力を福祉の世界に役立てないかと2014年3月に商品化 刺繍の加工場と介護現場を直線で結び、お困りごとをすぐに商品化できる活動を始める。
●第17回フラッグアート展の出展作品の技術を担当
●『市場調査:売れている二次加工はこれだ!』製作
●少人数のファッショントレンド『くるまざ座談会』を開催。
●『雑巾あーと』を企画、2012年7月24日〜29日
 名古屋市民ギャラリーで個展を行う
●『デザイナーズTATAMI』の企画制作(異業交流から生まれたコラボ作品)
現在は、『百華繚乱:インテリアTATAMI』にネーミングを改め、横井真弓と共に個展活動を行っている。
●岩手大学の磁性木材の研究開発に参加。
●岐阜県刺繍工業組合 理事長(2007年4月から2年間)
●「親和木材工業株式会社」のニューエスウッド開発。開発商品:イグサボード、樹皮ボード、イグサと樹皮の混合ボード・ファブリックボードなど、あらゆる草木ボードの可能性を広げサンプルボードを作り上げる。
●異業種交流会「岐阜県イチイプロジェクトに所属」

刺繍の技術を担当している。
写真撮影、編集、パンフレット、ホームページの作成、デジタルの全般がお仕事。ほぼ一日、コンピューターの前が定位置。運動不足が悩みの種である。リラックスのため掃除は気分転換の中に含まれる。機械いじりは得意、したがって機器の維持管理を受け持つ。観葉植物の水やりはストレス解消になっている。その他なんでもやりますポスト。

岐阜で生まれ岐阜育ち
愛知工業大学入学 高校と大学を通じ電子工学と経営工学を学ぶ。
当時(1983年)パソコンが無い時代に、ハンドヘルドコンピューター端末を使い、単価と納期予測の管理ソフトを開発し、勘の商売からの脱却を目指した。
ファッションのトレンドにも関心があり、横浜・大阪・京都などで市場調査を行い、月に 1000枚ほどの写真を収集。ファッション予測資料の製作.
現在の市場調査資料の基礎になっている。現在は『市場調査:売れている二次加工はこれだ』の資料を展開をしている。

クラフト倶楽部の『楽レクキット』

technical designer

神谷 茂:手芸作家

ぷろふぃーる

●クラフト倶楽部の『楽レクキット』を製作:デザインの力を福祉の世界に役立てないかと2014年3月に商品化 刺繍の加工場と介護現場を直線で結び、お困りごとをすぐに商品化できる活動を始める。
●2013年10月28日第17回フラッグアート展『岐阜市商店街振興組合連合会賞』受賞
●2013年9月7日神戸ファッションリメイクコンテスト、『JR西日本賞』を受賞
●2011年7月26日『百花繚乱:インテリアTATAMI』の初の個展を開催 名古屋市民ギャラリー栄
●丹南ファッションコンペティション、入選。
●日暮里ファッションデザインコンテスト、入選。
●松山コレクション、入選。
●色彩コーディネーター資格取得 
●華道:松月堂古流師範
●茶道:裏千家茶道師範

●DMCファッションビジネスアカデミー、講師。
●名古屋ファッション・ビューティー専門学校、講師。
●名古屋文化短期大学、講師。
●異業種交流のコラボ作品『デザイナースTATAMI』のデザインにあたる。後に名称を変更し、現在は『百華繚乱:インテリアTATAMI』のデザインを継続し、個展活動をしている。
●シルバー教室を開催

筆を持ってデザインを受け持つ。
コンピューターとは距離を置く全くのアナログ派。
美術書籍やデザインに関する本は思わず買い込む派。本棚の重しになっている。図書館通いも日課。料理も得意分野のようで確かに味はなかなかいけているのも事実。苦手な物は、掃除。最初に車に傷を付けるのは得意!

名古屋で生まれ岐阜で育つ
名古屋モード学園のファッションデザイン科卒業 テキスタイルデザインを学ぶ。
株式会社田新企画に入社し、谷まさる(モード学園の学長・ファッションデザイナー)のブランドを始め、各企業の商品デザインを担当する。
手掛けたアイテムは、ハンカチ、スカーフ、バック、財布、ポーチ、化粧小物、アクセサリーでは、ネックレス、ブローチなどファッション性の高い商品を手掛けてきた。衣類の分野では、Tシャツ、エプロンなど、生活に身近なアイテムを展開し、緻密プリントの絵柄を必要とされる分野で、数多くの企業の商品企画に携わってきた。

クラフト倶楽部の『楽レクキット』

textile designer

神谷 真弓:手芸作家

高齢者に人気の刺しゅうを使った手芸素材『楽レクキット』です。デイサービスの介護レクリエーションにお使い下さい。今月のおすすめは『一瞬帽子』です。

梅雨の季節にオススメはこのテーマ!
「古池や蛙飛びこむ水の音」の松尾芭蕉の句をデザインしました。蓮の葉の上でケロッとした表情が可愛いですよ!