監督

岩佐 ノリ
ジュニア監督

おおぐち

玉ちゃんと呼ばれたい



約1名 旅行中

歴代の「エンジェル」

2001年(創立初年)
2002年度(第2代)
2003年(第3代)
2004年(第4代)
2005年(第5代)
2006年(第6代)
2007年(第7代)
2008年(第8代)
2009年(第9代)
2010年(第10代)

中野 嘉弥 顧問

樋口 禎久 代表

言わずと知れたエンジェルスの顔(ドン)
厳しい言葉で子どもを指導するが、子ども大好きのおもろいおっさん。
ニックネームは「カビゴン」
昔より言動に危険?があり、ご迷惑をかけること多々。
趣味はキックベースボール
現在ダイエット中に付き体型に変化あり。

今や茨木で強豪「チーム大池」の顔
ニックネームは「仏さん」
弱小時代よりエンジェルスに尽力してくれる。
趣味は写真家?・・・いえいえ、本物の写真家です。

玉島エンジェルススタッフ紹介

上田 知博 副会長

おだやかな副会長
ニックネームは爆笑問題の「たなか」
裏方に徹していろいろなフォローを知らずにしてくれている。
趣味は・・・
元中日の立浪の同級生です。

             玉島エンジェルスキックベースボールクラブ


             2001年秋季に平田台キックベースボールチームとして発足する。

          茨木市内でキックベースボール(9人制)が盛んに行われていた。(現在も)

         その中で子ども会のキックベースボールだけしか経験できない平田台の子ども 
          たちは、1カ月少しの練習で校区大会に参加し満足していたのが当時であった。

          同校区には茨木で有名なクラブチームがあり、そこに勝ちたいという子どもの
          「勝ちたい想い」と、ひとりの「ガラの悪い」おっさんの「夢」から始まったチームです。


          玉島エンジェルスKBCとしてチーム名を変えたのは2003年の3代目からです。

          キックベースボールをやりたい子どもたちが、子ども会の枠を超えて拡がって
          きたため玉島小学校の学校名を頭に、子どもたちが「天使」のように「こころ
          明るく豊かに育つ」ってもらうように玉島エンジェルスキックベースボールクラブ改名する。


          (ロゴマークは経験によって大きく羽ばたいてほしいという思いの翼です。)


                 

                     創部当時より言い続けていること。

  

                「夢は叶う」そして「勝ちたいねん」 

          
          この、ふたつの言葉は今現在もエンジェルスの伝統として引き継がれています。
 

                           
                   子どもたちに経験してほしいこと 

         それは、「夢の達成のために努力する姿勢」この継続こそが地域の子どもたちに教え
         続けていかなければならない経験のサイクルだと考えています。


         決して「品行方正」な指導者が集まっているチームではありませんが、指導者は子ども 
         たちの「成長」をより明るく、より豊かに、そして「夢の達成のために努力する姿勢」を 
         一番に考え行動する組織であり続けたい。

写真をクリックするとアルバムあります

ないところもあるんですいません
細→・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・→太い

 今年度の子どもたちは、どんな感動を残し
 てくれるのか楽しみに、私たち大人は、
 更に努力を積み重ねなければと思います。

コーチ

 



しげちゃん