シート防水(ベランダ床:ステンレス→塩ビシート)

シート防水(塩ビシート防水)            (床:ステンレス→塩ビシート)例:ベランダ床

<工事要点>

現状:ベランダから雨漏り

工事内容 2004年6月 埼玉県川越市

  • 床はステンレス。歩くと床がパリパリという感じで、床の同じ所にいつも癖が出来ている
  • 解体して解ったが、やはり床のステンレスとステンレスの継ぎ目から一番雨漏りしたようだ
  • 床をすべて解体、下地を造り直して塩ビシート防水とする。面積が小さいので接着工法とした
  • シートが収まる壁立ち上がり部分も、水切り金物で雨漏りしにくい構造とした

<ポイント>

床はなるべく継ぎ目が出る工法はとりたくない。特に板金の継ぎ目は不確実な可能性が大きい。
現在は軟質FRPで施工することが多い(FRPも動きに追従する製品になっている。金属部との密着が良くないので気をつけて施工する)

<予算>

ベランダは10㎡ぐらいの広さが一般的。工事内容にもよるが
税込み10~20万円ぐらいで収まるのがほとんど

当社の場合:他の工事と一緒の場合は、全体工事での総利益を考えて金額を決定する場合が多いので、塗装などの一部工事として防水をする場合は、比較的割安な金額で施工するようにしている 

 

  • ◾施工して5年に一度はシール部分を点検する
  • ◾シートは状態により壁際などが引っ張られ「しわ、よれ」などが発生することがある(特に寒暖の差が激しい所)
  • シートなので鋭いもの、重いものを乗せたりすると破れたり、傷つきやすいので注意(他のウレタンやゴムシート、FRPも同じ)床置きの物干しは特に注意する(直接置かずゴムなどのスペーサーをかますと良い)