サイディング(窯業系)塗替え工事例その2 棟換気有り

サイディング(窯業系)塗替え工事例 
屋根:コロニアル(急勾配)棟換気有り

<工事要点>

現状:窯業系サイディング 屋根:コロニアル 強風で屋根の棟板金が飛んでしまった。急勾配の屋根なので梯子での補修が出来ない為、足場を建て補修した。せっかく足場を建てたので10年目の塗装も行った。棟板金が飛んでしまう場合はたいがい塗装も傷んできているのでちょうど良いタイミングだった。

 

工事内容 2008年10月 埼玉県川越市

  • サイディングのクラックなどはなし。コケなどもほとんどなく壁の状態は良い。シール部分の傷みも少ない
  • 屋根の棟板金下地板(貫板)を全て交換。棟換気部分も取外し、貫板を交換。棟換気部分は傷みもなく良好
  • コロニアルも傷みが少ない
  • 2階サッシ手すり部分がぐらついているのでビスで補修
  • 壁は日本ペイント:シリコンセラUV 屋根:ファインシリコンベスト(クールタイプ:遮熱形)を使用

<ポイント>

壁、屋根とも傷み具合は普通なので、基本どおりの工事で問題がなかった。コロニアル棟板金下地板の交換のみで補修は済んだ。玄関の波板もポリカーボネイト波板に交換した

 

<予算>

屋根の棟下地板交換、既設棟換気分解、再設置、玄関上波板交換、屋根、壁塗装 約100万円 (塗装のみだと約85万円)