モルタル壁塗替え工事例 屋根:コロニアル 鉄製ベランダの塗替え

モルタル壁塗替え工事例 屋根:コロニアル 
鉄製ベランダの塗替え

<工事要点>

現状:強風で玄関上棟包み板金が飛んだ。壁汚れ、クラックもある


工事内容:2008年4月 埼玉県川越市

  • 大屋根、下屋根共棟包み板金の下地板(貫板)を全て交換
  • 1ヶ所 破風板の継ぎ目が開いているので板金で覆うことにした
  • 前回の塗装でコロニアル屋根の縁切り不良なのでタスペーサーを使用する
  • 屋根の傷みが進んでいる場所は下塗りを強化シーラーとした
  • クラック(亀裂)はUカットと弾性下塗り(ゴム入り)で対応する
  • 塗料は屋根(日本ペイント:水性シリコンベストクールタイプ) 壁(日本ペイント:水性シリコンセラUV) (2008年)
  • 鉄部などは日本ペイント:ファインウレタンU100などを使用 (2008年)

<ポイント>

屋根は汚れが激しいので洗浄を充分に行う。壁のクラックでUカットしない部分は下塗りの弾性エクセルを丁寧に塗り込む。

アンテナは私が工事できるので地上デジタル対応に交換した(部品実費のみ)

<予算>

鉄部(雨戸、ベランダなど)、木部(破風、戸袋)が多いので少し割高。壁は面積が多くてもローラーで一気に塗れるので考えているより工事はやりやすい。木部の戸袋などは刷毛で塗るしかないので手間が非常にかかる。(鉄部も同じ:面格子なども手間がかかる)
面積だけで考えると鉄部や木部は簡単に塗れそうだが実際は非常に手間がかかる。

棟板金下地板交換 約8万円 壁、屋根塗装 約110万円(上記理由で少し割高)

他に、トイレ便器交換(クロスなども) 玄関、浴室のカギ交換、浴室タイルや浴槽廻りの修理、アンテナを地上デジタル対応に などの工事もあわせて行った