金属屋根(棟からの雨漏り)

金属屋根<棟からの雨漏り>

 <工事要点>

現状:2階天井に雨漏り。コロニアル屋根のように見えるが金属屋根。普通の雨でも雨漏りする。棟や金属屋根材料のつなぎ目もシールしてある。

工事内容 2008年9月 埼玉県狭山市

  • 前日雨が降っていたので、棟包み板金を取ると雨漏りの様子がよく分かった。やはり棟から入っていた
  • 屋根全体の棟板金を外し、棟直下の金属屋根の根末端部分を折り曲げて処理
  • 下地板(貫板)を新しくして、棟板金を再設置
  • 雨漏り原因:棟板金と屋根との隙間を全てシールした為に、金属屋根の下に入った水が棟板金の下に閉じ込められ棟の中を流れた為(不用意なシールでよけいに雨漏り

 <ポイント>

コロニアル屋根と同じで棟板金直下の末端処理が不適切な為雨漏り。屋根は隙間をシールするだけでは雨漏りは解決しない場合がほとんど。よけいな部分をシールすると、そのシールを取り除くだけでも時間がかかり、工事費が高くなる

<予算>

棟板金の貫板交換は棟長さにもよるが 2人工~3人工 材料、経費などで 税込み6~15万円ぐらいで収まる場合がほとんど

<メインテナンス>

    • コロニアル屋根も同じだが、棟板金の下地板は風の吹きまわしなどで傷みが進行するので10年に一度取り替えるとよい
    • 外壁、屋根塗装するときに点検、交換も考えると効率がよい