瓦屋根の再葺き替え

瓦屋根:棟瓦のゆがみが多いなど全体の傷み
(全体の再葺き替え)

<工事要点>

現状:2階天井に雨漏り、2階サッシ廻りから雨漏り

工事内容 2007年11月 東京都西東京市(保谷)

 

  • 棟瓦のずれ、ゆがみが通常よりひどい状態
  • 面土剥がれがかなり多い
  • 全体の瓦の割り振りが悪いことも雨漏りの原因(職人の意見)
  • 一度瓦を全て取り去り、下地を整え再設置工事とする
  • 旧瓦を取り去ると瓦の下のゴミ(捨てずに瓦の下に捨てたようだ)のあまりの多さに驚いた

<ポイント>

旧瓦を使用し再設置工事。防水シート(ルーフィング)も2重に張る。棟瓦も下地から銅線で結ぶので地震などにも強い構造となった

<予算>

旧瓦を使用して再設置(少し追加瓦あり)
既存瓦取外し、新規瓦桟、防水シート、葺き直し、残材処理、必要経費
約54㎡ 税込み66万円ぐらい(2007年)
平米 \12,000~15,000位(条件により多少変わります)

<注意点>

  • 昔の防水シートは時間が経つとカサカサになって粘りがなくボロボロに破れている場合が多い
  • この例でもわかるように瓦の下にゴミがいっぱいなど、丁寧な工事をしていない場合は結局あとで不具合をおこすことが多い
  • 実際の工事の内容は見積からは決してわからない。銅線で棟瓦を結ぶ、桟の下のスペーサーなどは見積に項目として書くことはないと思われる(当社も書きません。当たり前の工事だからです)
  • お客様の立場に立ち工事を管理、施工してくれる職人、業者を選ぶことが重要