ベランダ笠木からの雨漏り(例2)壁:モルタル

ベランダ笠木からの雨漏り(例2)壁:モルタル

<工事要点>

最初の工事依頼は外壁、屋根塗装。軒天の木目模様(プリント)が傷み、模様がなくなって見えない部分もかなりあったので、点検していた所、ベランダ下、排水廻りの傷みを発見。ベランダのウレタン防水も切れている個所があったので床面も修理することにした

<工事内容>2007年6月 埼玉県 さいたま市

 

  • 笠木板金はかなり傷んでいるので交換(下地の傷みを確認する意味もある)
  • 排水廻りの傷んでいる軒下を開け、排水口と排水パイプ部分からの漏れを確認する
  • ベランダ廻りは細かい亀裂も多いので、シール処理を実施
  • ベランダ屋根の支柱が笠木に取付ける構造上、取り付けビスのシールを徹底する。またここからの雨漏りが原因なので、お客様にビス廻りのシールが切れていないかを定期的に確認していただくようお願いする

<ポイント>

ベランダ屋根の支柱を笠木に取り付けるL金具付近から雨漏り。取り付けビス廻り、L金具廻りのシールを徹底する。付近のクラックも少し関係している模様なのでシール処理。ヘアクラック(微細な亀裂)は壁塗装の下塗りに弾性(ゴム入り)塗料を使用して対処した

 

<予算>

ベランダ笠木交換 約6~8万  ベランダウレタン防水 約10~13万 位  必要経費を+ で考えると良い。塗装は別途工事です