本文へスキップ

ライオンズクラブ国際協会334-D2R1Z 高岡アラートライオンズクラブ

新会員入会式 L.稲垣正太 report

 日時:2016年2月17日午後6時30分
 場所:高岡市ふれあい福祉センター

会長あいさつ L.苗加康孝
L.稲垣正太さんには会社の材料を納入してもらっていました。これも何かのご縁でしょう。これで高岡アラートライオンズクラブ会員は40名となり、1Zでは上位のほうになったと思います。
これかたもライオンズメンバーに相応しい人を是非ご紹介ねがいます。
前回の例会、高岡市長高橋正樹様に講演を頂きました。「フランクなお話しで大変良かった」
記者会見等で(ワイン色のネクタイ着用)をテレビで見られたら例会の事を思いだしてください。
ガッチリマンデー収録の事で今日も東京から電話をいただきました。大変不思議な感覚です。いつか出たい番組と思っていました。思っていれば叶うもの。自分の思っていることを念じれば通じると思います。国際平和ポスターは2月1日に決まるのだが、どうしたのだろうか?願いは叶う。今日は入会式があるので挨拶とします。なお2月28日の午前7:30にテレビで放映されます。(ガッチリマンデー皆さん是非みてください。)
■入会式

■ガバナーメッセージ ■バッチ佩用 ■誓いの言葉 ■花束贈呈 ■歓迎の言葉
 

■LCIF盾の贈呈

L.関勝


■誕生月のお祝い L.松谷陽子 L.板野吉秀 L.波岡章 L.水持洋子 L.藤沢由美子


■メンバースピーチ L.板野吉秀 演題「私の歩んだ趣味の道」

自己紹介からします。セ・プレいたの代表。機械をいじるのが好きです。昔のテレビやラジオを叩くと治る。今の時代は叩くと壊れます。小中高校時代から中を見てみたいという好奇心が旺盛でした。アマチュア無線に興味を持ちその時代からやっていました。
葬儀屋は昔デリバリーの時代。寺へ運ぶ、トラックに積み込むと一つや二つ忘れます。今のように携帯はなく、公衆電話をつかっていた。無線でなんとかならないか。トラック同士でやりとりでした。無線が仕事に役立ちました。電波管理局は規制があり苦労しました。無線通信技師の資格が必要不可欠でありました。今は携帯電話があり大変便利な時代となりました。
今の葬儀屋はホールの時代:機械は日進月歩でコンピューター・インターネットの時代。その時代時代の流れに乗れるか?車社会→ホール(建物)に変わった。
前回のメンバースピーチに今川ライオンが、和文モールスに関する話をされましたが、モールス信号は、和文と英文があります。私も、中学生のときも、勉強嫌いの子供でした、英語の先生から教室に呼び出され、放課後お説教されましたが、何に興味があるのか聞かれアマチュア無線と言った記憶があります、先生は良かったら、うちに遊びにおいで、うちの息子もハムをやっているんだといわれました
私は、早々に歩いて先生の家に行った覚えがあります。私の家は横田町ですが、先生の家は下伏間江でした。中学生の私には、駅を超えて南側には行ったことがありません。歩いても歩いても、なかなか先生の家に、たどり着きません本当にこの道で良いのか疑心暗鬼が繰り返し、途中何度か、家に帰ろうかと考えたことが、思い出されます。やっとのことで、先生の家にたどり着き、先生にお会いして息子さんを紹介いただきました。息子さんは、早速私を、自分の部屋に案内して無線機器を見せていただけました。今みたいに、携帯電話が発達しているわけでもなく、コミニューケションツールとしての無線の価値、そして、何より手作りの無線機、今みたいに、市販品を購入して無線されるのではなく、自分で作った無線機で通話をしておられました。それに感動した、私は、アマチュア無線をやりたいと思いました。たぶん、アマチュア無線もかじり始め、高校ではアマチュア無線クラブに在籍しましたが高校1年生ぐらいになると、親父は、携帯電話を購入し利用しだしました。今ほど小さな携帯ではなく、その当初は、弁当箱ぐらいの大きさで、大変重たいものでした。しかし、資格も要らず、誰でも使えいずれは、携帯電話時代が来るだろうと、思いました。高校2年ぐらいになると、アマチュア無線クラブの先輩たちは手作りの1ビットマイコンに走り始め、その影響でコンピューターに興味を持ち始めましたが、その当初はコンピューター同士のデータのやり取りは、あまり考えられず、昔はテープレコーダーに録音しデータを残し、やり取りしたものですその後の、進化のスピードははげしく、8インチフロッピディスク、5インチ、3.5インチと媒体は変わりましが離れた友人同士のデータやり取りが出来ないのかと、Basicでプログラムを作りネットを立ち上げましたが、グループが大きくなるにしたがって、通信費の問題が浮上してきました。ネットとネットを結べないかの構想が出たのもこの、地点で、NTTさんをふくめ、富山県ホスト連絡協議会を立ち上げていました。その後、JCの時に入り日本JCに出向したときに、日本JCで通信費の発言したことが、きっかけで、インターネットに発展したものと考えています。


■メンバースピーチ L.中山剛志 「自己紹介」
中山剛志です。31才。伏木小・中学校・地元の高校卒業後20才から8年間防水会社で修行。㈱マルシンを設立して独立しました。パソコン一台置いてのスタートでした。がむしゃらに働いてきました。4年前に土地を買って現在自分を含めて4名で頑張っています。謙虚な心、ハングリー精神で、大きな会社にしたい。L.松谷吉弘よりライオンズクラブに誘われました。大変いい組織団体だとおもつています。誇りに思い会員として頑張っていきたいと思います。
会員より質問:仕事の内容について 防水シート等すべてに対応との事。
会社名の由来:親がマルシン建材でした。その名前を盛り上げたい
趣味:山登り、前回は槍ヶ岳に上りました。悪天候

■幹事報告
2月18日国際平和ポスター キャビネット主催:北日本新聞本社で展示
高岡フラワーLC 第2回「文化展」
3月第一例会は通常例会

高岡アラートライオンズクラブ事務局

〒933-0804
富山県高岡市問屋町25

TEL 0766-22-1755 FAX 0766-22-1765
メール t-alert@p2.tcnet.ne.jp


















L.蓑健太郎
LCIF2回目みなさんも献金してください。
L.会長あいさつ

L.山道樹里 新会員セミナーに出席
基本的なライオンズ用語などを4時間勉強してきました。ライオン旗のライオンは過去と未来をみています。左右で微妙に違います。みなさん例会に出席しましょう。

アイバンク受講証交付
L.今川勉 L.伊勢鉄弥