ライオンズクラブ国際協会334-D2R1Z 高岡アラートライオンズクラブ

 第169回例会 謹賀新年     

日時:2022年1月5日 pM6時300分~8時45分
場所:有礒正八幡宮神社




新年の参拝 於:有礒正八幡宮にて 
前列 副会長L.名免良秀仁 会計L.中村清志 会長L.関勝

講話;有礒正八幡宮 宮司様
『干支』
今年は壬の10年に1度の年であります。壬の意味は妊→うまれる、任(へつらう)は担う・役を与えるという意味があります。ですから人事が大変重要です。例えば私利私欲に走ったりすると分けれる、まかれる人を選ぶと大変な事になります。
寅の字のもつ意味は慎みふかく、人を助けるものです。→大吉になります。
この寅の年生まれに人に多い名前は慎助があります。
九星について
五寅 生まれた星は強く 激変の年です。あくまでも昔からの暦の話ですから。
無が有に 有が無に
激変で予想外のことがおこり、生誕で何かを生まれる年でもあり起死回生のチャンスに恵まれた年です。
余談ですが神社にお供えする場合は全て初穂料で良いですが、葬儀以外です。
昔は新米を神様に供えることが霊力の感謝を表します。天皇は米をお供えします。
また賽銭についての語源は散米・散供です。お参りするとき米を体にばらばき邪気を払いました。米を箱に入れていたものがお金に変わりました。

会長L.関勝 宮司

有礒正八幡宮 宮司講話 「寅の干支について」

会長L関勝挨拶(第169回例会)

 新年明けましておめでとうございます。会員の皆様にはご家族の皆様と共々に健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
今日、ここ有礒正八幡宮神社にて新年例会を開催し、新しい年のスタートを切ることが出来、会員の皆様と共に喜びたいと思い思います。
 昨年の12月22日ぬ開催されたXmas家族例会でL.苗加康孝からの多目的使用鍋をいただきました。素晴らし万能鍋です。さっそく松坂牛、鴨肉のすき焼き、正月料理に使用させていただきました。今日感謝を込めてドネーションをさせていただきます。
 今年は雪の正月を迎えました。富山と北海道の雪質は違います。札幌・函館の両市では路面電車の軌道に積もった雪を払う「さらさら電車」が走っています。車両に取り付けられた「ササラ」は細い竹を束ねたブラシで、回転させて雪を吹き飛ばします。節のある竹はしなやかさがあり、簡単には折れません。畑の雑草であるメヒシバやツコクサも同様に節を持っているそです。節目を作る営みは植物の成長からすれば一休みしているように見える。「雑草にとって、節目は成長の軌跡であると同時に再出発の拠点となります。」と植物学者の稲垣栄洋氏が語っています。『大事なmことは植物が教えてくれる』人間も立ちはだかる苦難の壁を乗り越えたとき、人生の節が出来ると言えるかもしれません。
その体験が原点ともなって、人生の風雪に折れることなく生涯の青年の心で伸びやかに成長していけるのではないでしょうか。高岡アラートライオンズクラブ会員の皆様の新年の出発にあたり、新たな〝飛躍の節〟を刻む1年でありたいと願うものであります。そこから本年の〝破竹の勢い〟が生まれるのではないでしょうか。

会長年頭のあいさつL.関勝

テール・ツイスターの言葉 L.福井宗豊
令和四年は【寅年】になります。虎は、勢いが盛んで力強く「一日で千里行って千里還る」と言い伝えから旅の安全を願う縁起物とされたり、出たお金がすぐに戻るとして金運上昇のシンボルとされることもあります。中国では古来より「地上の虎」と「天空の龍」を『天と地』あるいは『二強』と言い、強い力を持っ象徴とされ神のような存在として敬意を払われてきました。世相は決して明るいとは言えませんが、虎にあやかり、何事もの強い精神で望み、飛躍の足がかりを摑みたいものです!

テール・ツイスター L.福井宗豊

今年も宜しくお願い致します。三役 幹事L.燕昇司信夫 会長L.関勝 会計L.中村清志
  




高岡アラトライオンズクラブ事務局

TEL 0766-22-1755 FAX 0766-22-1765
メール t-alert@p2.tcnet.ne.jp




 








7






拝殿参拝後姿
L.燕昇司信夫L.名免良秀仁 L中村清志

L.土合建雄 L.髙橋明大 L.山内雄介

L.L.山田正樹 L.扇子忠之 L.鷲北欣則

高岡アラートの繁栄を願って

神様にお願い
L.波岡章 L.竹村与志治 L.水野富雄

宮司講話

例会場 第169回例会

誕生月 L.福井康介 代理L.福井宗豊

福袋抽選順番決め 
抽選人 年男
L.竹村与志治 L.藤沢強 L.水野富雄





上期決算報告L.中村清志

Xmas家族例会決算報告L.燕昇司正夫

幹事報告L.燕昇司信夫