本文へスキップ

ライオンズクラブ国際協会334-D2R1Z 高岡アラートライオンズクラブ

第16回例会 report

 日時:2015年7月15日午後6時30分
 場所:高岡市ふれあい福祉センター
  ■会長挨拶 L.苗加康孝 
 暑い日が続くので体調管理に気をつけましょう。
8月5日ゾーン・チェアパーソン訪問そして、ガバナー公式訪問8月20日は全員参加でお願いします

 ■誕生日サプライズ L.吉村鉄也おめでとう。
 会長L.苗加康孝から特別のピンプレゼント
 ■食事
 ■メンバースピーチ L.藤沢強  
 
 自己紹介は髪の毛も白くなり48歳には見えると思います。自称48歳で通っています。生まれて今日迄の事を仕事の話。
どんな仕事か一言で言うと、保育所、保育園、小学校の教材を扱っています。学研の学習と科学の販売からスタートしました。父が初めました。教材には幅があり、保育園では絵本、ままごと用具、滑り台等を納めています。小学校ではペーパードリル、プリントなどを納めています。
今は少子化の時代、私は団塊の世代で育ちました。昭和60年第二の団塊の世代には小学生18,000人がいました。現在は9,000人です。しかし学校の施設はそのままあります。1クラス20名ほどで父兄参観日には教室の中に入って聞いていますが、私の頃は廊下で父兄は聞いていました。
現代の母親のお話:ある保育園で運動会を行う予定の日が雨で中止になり、園児の祖父母が遠方より見にきたので、交通費をいただきたいとか?
発表会ではアンパンマンのやりたい人、手を上げて・・・その中でバイキンマンをやる園児がいたが、母親はバイキンマンをやらせるなら発表会には欠席させます、本当に欠席しました。一人の園児に付きそうのは父母、祖父母、母方の祖父母で6名が参観します。お父さんはビデオ、お母さんはデジカメです。今の時代は物があふれています。教材を売るのに頭を悩ませているのが現況です。小さな子どもと接していると、こっちの気持ちも若々しくなります。高校の同級生と会うと今も成長しているのではないかと言われます。ライオンズクラブでもっと成長したいと考えています。
 
 ■メンバースピーチ L.福井康介
 
 造園の仕事をやっています。3年になりました。最近造園の仕事で多いのは親から譲り受けた土地の相談を受けます。相続には家、自動車等があり、当然駐車場が必要です。庭を潰して駐車場にするケースが多く見られる。私は土木の資格もあり、土間などの作業もできます。息子の代になると庭の管理に大変らしく、相談をよく受けます。庭を半分にすれば管理費も少なくなり何本かを伐採します。現在は職人が減り、庭師になる人が少なくなりました。高齢の職人は高い所には上れない。新人は剪定ができず、3人で半日で雑な仕事しかできない。昨日利賀村に行ってキャンプ場の消毒をしてきました。遠い所、滑川でも何処へでも出向きます。料金は決して高くありません。是非利用ください。
趣味:L.苗加康孝に進められて高岡市が越中万葉夢幻譚に応募したところ第13代家持
を務めました。しかし財政難で翌年から廃止となり、私が最後の家持です。瑞龍寺前のおもしろ市で棕櫚の葉っぱで昆虫を作っています。夏休みの課題で子ども達に教えています。
こう見えてもお茶をやっています。九州のある大学で茶道部に所属していました。高岡に帰ってから茶道青年部に入り、高岡市と姉妹都市ホートウエン市でお茶会が開かれそれに参加しました。今、青年部に入れば旅費がでると理由で参加いたしました。副部長までやり、現在博労小学校でお茶を教えています。祖母も母もお茶をやっていたので自然と入ることができたと思います。又新会(男だけの茶会)で頑張っています。最近の困り事は茶会のイベントをする場所がない、畳の部屋がない、100人程の規模の茶会ができない。
 ■メンバースピーチ L.久田隆司
 
自己紹介:こう見えても50年生まれ。中学・高校学生時代からバトミントをやっています。富山県の東部では上市町が熱心で、西部では高岡市が盛んです。高岡はトナミ運輸さんがプロと契約をして、バトミントに力を入れています。必ず決勝トーナメントは高岡市体育館で行われていました。ここ6年間は優勝はせていませんでしたが、その前は何連勝もしていました。現在バトミント協会の会長は綿貫さんが努めています。私の高校のときは打倒高岡工芸、高岡第一と言っていました。高岡市のバトミントンは多くの指導者を輩出していて、その裾の広さが強さに繋がっています。
私は富山の桜木町でよく飲みますが、富山市のライオンズクラブは多くあります、当然人口比率で多いのでしょう。飲み方にも振る舞いに疑問を感じたこともありました。バトミントンをやってよかったことは。
ルールを守りながらプレーをする。大人になって時に応用が利く、自分自身が社会に出て負けん気がついた→努力(人によって度合いが違う)→実社会ヤンマージーゼル入社、そこんで学んだ事。
関西商人の教え:売ってなんぼ、儲けてなんぼ、朝駆け、夜駆けは当たり前。お客様は神様です。頻繁に聞かされる言葉です。上司にこの価格で如何ですかと聞くと、やはり売ってなんぼ・・・この生活の一部がカルチャーショックでした。石川県に移動→富山県に移動しました。富山県でも高岡商人は厳しかった。見積もり書提出→発注→集金(端数を切るのがあたりまえ)高岡は厳しさを教えてくれた、高岡は自分を育ててくれた場所。
富山県は全体的に保守的なところですが、いざ懐に入ると可愛がってくれる。関東は価格だけ。独立して11ケ月になります。仕事はギフト中心でお中元、お歳暮、贈答品、香典返し等を取り扱っています。L.板野吉秀の会社に出入りしています。得意先も大事ですが仕入先も大変大事です。仲間として一緒に努力をしています。決して上目線にはならない、買わせてもらっている。高岡アラートに入会したきっかけはNPO、奉仕団体、ロータリーがありますがやはりライオンズクラブに惹かれました。ひとつでも協力できることがないか、世界中のためにならかいか考えています。高岡で一番のクラブになるようにしたい。
■メンバースピーチの後質問
L.苗加康孝:松の木があり、処分したいが買ってくれる人はいるか?
回答:松は剪定に暇がかかり、管理が難しく買ってくれる人はいない。
松は防災林として、砂地に強く、風に強く、全国の海岸に植樹されています。今はマツクイムシ等の被害が見られます。
街路地には多くの種類の樹木が植えられているが。どれも一長一短があります。台風等で倒れる大きな木は根がしっかりついていない事が原因。
その他多くの質問があった。割愛
 ■幹事報告 L.山本始
 1.ゾーン・チェアパーソン クラブ訪問8月5日 うな重がでます。
   ジャケット・バッチ着用の事。
 2.薬物乱用防止教室指導員研修会L.山田正樹出席
 3.ガバナー公式訪問8月20日 例会は錦州
 
 
国際大会パレードの法被を披露
 ■テール・ツイスターの時間
 
出席率の報告・ドネーションの発表 L.島崎充史

 

高岡アラートライオンズクラブ事務局

〒933-0804
富山県高岡市問屋町25

TEL 0766-22-1755 FAX 0766-22-1765
メール t-alert@p2.tcnet.ne.jp