本文へスキップ

ライオンズクラブ国際協会334-D2R1Z 高岡アラートライオンズクラブ

第10回例会 例会報告report

  
2015年04月15日 19時00分
高岡アラートLCは緊急支援を目的にしています。災害ばかりではなく、人に対しても支援が必要な場合(倒れている人に積極的に支援をする)に備えてAEDの取り扱いを学びました。学びの体験から、いざという時に対応できるライオンである為に、全員が体験いたしました 
     
     
     
  一段左:
[わかりますか]
一段中:
[誰か来てください!人が倒れています][あなたは119番通報してください。あなたはAEDを持ってきてください]
一段右:
[胸と腹部の動きを見て、「普段どおりの呼吸」をしているか、10秒以内で確認します]
中段左:
[胸骨圧迫は胸の真中]
中段中:
約一秒あけt、胸の上がりが、見える程度の量を、2回吹き込みます。
感染防具がない場合血液や嘔吐物により感染の危険があると思われる場合→人口呼吸を行わず、胸骨圧迫のみを行います
中段右:
まず、電源を入れる・
下段左:
電源パッドを貼る位置は電源パッドに書かれた絵の通りに、または皮膚にしっかり貼ります。
下段中:
離れてうださい、心電図解析中は傷病者に触れてはいけません。
下段右:
誰も傷病者に触れていないことを確認したら点滅しているショックボタンを押します。

 AEDの説明  消防職員のお手本  燕昇司正夫
  港清年  苗加康孝  山田正樹
 蓑健太郎  板野吉秀  水持隆繁
 藤沢強  竹村与志治  山道樹里 
 伊勢鉄也  燕昇司信夫   有沢竜尚 



高岡アラートライオンズクラブ事務局

〒933-0804
富山県高岡市問屋町25

TEL 0766-22-1755 FAX 0766-22-1765
メール t-alert@p2.tcnet.ne.jp