本文へスキップ
HOME 設立趣意 理事長あいさつ スタッフあいさつ 問い合わせ・アクセス 入会方法 リンク
理事長あいさつ

NPO法人発達障害支援ネット「YELL」理事長
   黒川 君江

みなさま、大変お世話になっております。

発達障害支援ネットYELLが、NPO法人として認証されて、早いもので、1年余が過ぎました。これまで、どれほど多くの方々の温かなご支援、ご協力を賜ってきたことか、思い出しますと感無量です。本当にありがとうございました。

125日に発表された第2回全国調査によっても、通常の学級に13人はいると言われる発達障害のある子どもたち。一見したところは、健常の子どもたちと変わらないために、なかなか理解されず、学習や集団参加の困難さを見過ごされがちです。保護者も「しつけが悪い」など非難にさらされることも多々あります。

一方、学校関係者や地域の心ある方々も、障害認知の歴史が浅い分、どのようにかかわることがよいのか、具体的な支援策には悩むことが多いのが実情です。地域での理解と支援の充実が望まれます。

私たちの活動は、少しずつでも、力を合わせて、子共たちと周囲の人々の「笑顔」と「安心」を増やしていきたいと考えています。

昨今の胸が痛むいじめの報道などを見るにつけ、「どの子も安心して、学校・地域で生き生きと成長していくことが出来ますように・・・」。改めて感じます。

NPO法人発達障害支援ネット「YELL」は、飾らずに話し合える「交流会」、必要な情報を適切に学びあえる「学習会」、自分たちの知識を増やし心を磨く「講演会」等々の活動を重ねてきました。

船橋市教育委員会に加え、市川・八千代・習志野・浦安の各市のご後援もいただき、千葉各地から参加があります。船橋市地域福祉活動助成金(1年目)、ヤマト福祉財団の資金援助(2年目)の応援もありました。

各市が企画する講演会や専門家チーム会議などへのお手伝いなど、YELLが少しずつお役にたてる場面も生まれています。

2年目の平成24年11月、発達障害についての医学面での第一人者ともいうべき、市川宏伸先生(都立小児総合療育センター)をお迎えして講演会を開きました。この講演会は、千葉県教育委員会のご後援を頂戴しました。
一歩一歩ですが、皆様とともに、進んでまいりました。これからもよりよい活動を探していく所存です。今後ともご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

NPO法人発達障害支援ネット「YELL

理事長 黒 川 君 江


いじめを許さない、

誰もが安心できる居場所をつくる特別支援教育や地域支援を!