@事前に必ず電話連絡をしてください。
 ●氏名と必ず連絡の取れる電話番号を教えてください。
 ●郵送する月日が決まっていたらその月日を伝えてください。
 ●本サイトの「人形供養について」のページをお読みになり、大体の目安を伝えてください。
  もし電話連絡後こちらに伝えた数量より多くなりそうな場合や箱の数が増えてしまった等の
  変更がありましたらすぐにご連絡下さい。 
 A供養初穂料の納め方については電話連絡の際にこちらからお伝えします。
 ●現金書留・振込み等
 ●供養初穂の受け取りが確認できない場合は祈祷が保留になり供養できないままになります。
  早めに供養初穂の送金をどのようにするのかご連絡下さい。
 Bこちらに無事に届き滞りなく供養が終わりましたら、依頼主のお気持ちに沿って供養を致しましたという報告を兼ねて御札(人形供養神札)をこちらよりお送りいたします。
 ●供養をしてもらえれば御札はいらないという場合はその旨を事前の電話連絡の際
  お伝え下さい。
 ●御札はいらないが供養が済んだ旨は連絡が欲しいという場合は電話やメールでいいのか
  手紙での連絡がいいのか事前の電話連絡でお伝え下さい。
 C電話をかけてくる場合は必ず番号通知を設定してください。ホームページからメールでの問い合わせやご予約の際にも連絡の取れる電話番号をお書き下さい。
 ●確認のためお電話をする場合があります。
人形供養(郵送での依頼)についての お知らせとお願い
上記の内容をご確認の上ご連絡下さい。
仮に番号通知の仕方がわからずこちら側が受け取るときに非通知だった場合もしくは公衆電話等、電話番号が表示されないときは折り返しこちらから確認の電話をさせていただきますので必ずご連絡が取れる電話番号をお伝え下さい。 

昨今、人形供養の申し込みが多くなり遠方等でお越しになられない方の為に郵送での供養を受け付けておりました。

しかしながら最近では事前の連絡もしないで突然人形を入れた箱を送って来たり、事前に電話で大体の目安を話していたのにかかわらず実際にはそれ以上の分を入れて来たりと残念な事例が相次いでおります。

当八幡宮では人形供養はご神前で御祓いをして祝詞を奏上するので御祈祷として承ります。
それにより通常の御祈祷と同じように依頼者がどこに住んでいて名前は何というか、この場合は人形等を供養されることによりその方に災いが起こらず幸福が訪れるようにとの内容の祝詞を奏上します。
今回の件のように住所がわからず、また名前も偽名では祝詞が奏上出来ず保留の状態となってしまいます。

郵送の場合の連絡手順
つい先日には事前の連絡もなく突然複数箱送られてきて供養初穂もない為、伝票に書かれていた連絡先に確認の電話をしたところ書かれていた番号は偽電話番号であった為連絡がつかず、住所を調べたら大型店舗の所在地であり名前も偽名の可能性が高いため悪質だと判断して警察に届けた次第です。

この場合では本人(人形の所有者もしくは郵送者・依頼人)と連絡が取れないので保留の状態になります。

当八幡宮としては人形たちの魂が安らげるようすぐにでも供養を執り行いたいのですが、依頼主がわからず連絡も取れないような状態では供養することが出来ずもどかしさが募ります。

今回の事例も踏まえて郵送での供養の受付の仕方を下記のようにさせていただきます。
郵送希望の方はよくお読みになりご連絡下さい。

残念な出来事があった為郵送での注意事項を厳しくさせていただきました。
ご理解の程お願いいたします。
この下のボタンから「人形供養について」のページにいきますので詳細をご確認の上お問い合わせ下さい

人形供養についての ページへ