>大和郡山城と矢田寺【あじさい寺、矢田寺】

  豊臣秀吉の弟、秀長が百万石の領主として大増築した大和郡山城と、境内に60種8,000株のあじさいが植えられている、あじさい寺でも有名な矢田寺の散策。 

  あじさい寺、矢田寺  大和郡山城  アクセス

TOPページボタン

【散策記】

2008年8月
和歌山 その2

2008年8月
和歌山その1

2008年7月
(2006年10月)
天王子公園周辺

2008年6月
長居公園

2008年6月
鳥取砂丘

2007年11月
岐阜城

2007年1月
美保関から松江

2006年11月
飛鳥へ行く

2006年11月
大阪城

1998年6月
立山・黒部
アルペンルート


【その他の
   メニュー】

マミの日記

成長記録

マミのプロフィール

おとうちゃんの散策記

管理人プロフィール

サイトマップ


 愛犬マミの日記
ブログ紹介


 このサイトに、ご意見、ご感想等・・ご質問のある方は、下記お問合せよりお願いいたします。
お問合せ

 2008年9月、一日かけて車で奈良斑鳩をまわった最終に、矢田寺と大和郡山城にやってきました。もちろん、女房もマミも一緒です。 矢田寺では、本堂まで行くのに長い、なが〜い階段があり、上るのが大変でしたが、上りきったところに名水があり本当においしかったです。マミも大喜びで飲んでいました。
 大和郡山城では、お城の堀をぐるっと一周まわり、城内へ入っていったのですが、天守閣がないのが非常に残念でした。
 ここを最後に、帰途につきましたが、西名阪の法隆寺から高速道路に乗って帰ったのですが、約40分くらいでつきました。

あじさい寺、矢田寺

矢田寺案内図

  もとは十一面観音を本尊としていたが、平安時代に満米上人が地獄で地蔵の功徳を見て感動したことから地蔵を本尊とするようになった。本草の前に立つ味噌なめ地蔵は鎌倉時代の作。あじさいの寺としても知られており、境内には、約60種8,000株のあじさいが植えられている。
 ここにきたのが9月だったので、あじさいは見れませんでした。

 入口の山門

       ↑は、階段を上りきったところにある案内板      ↑は、入口の山門

長い階段今日はおとうちゃんと矢田寺に来ました。 

 ↑は、階段を上りきったところにある、名水、本尊の裏山の地下水らしいですが、本当においしかったです。
 近くの人っと思うのですが、ペットボトルに汲んでいました。マミも大喜びで、おいしいおいしいと、沢山飲みました。

 ←左は、山門をくぐると、あっと驚くような長い階段。

参道の置く、遠くに本堂が見えます。  矢田寺本堂
       参道の置く、遠くに本堂が見えます。             矢田寺本堂
 今回は、時期が悪く、あじさいの花が見れなかったのが残念です。

      ページTOPへ戻る

大和郡山城跡

郡山城案内

 天正8年(1580)に筒井順慶が築城、5年後に豊臣秀吉の弟、秀長が100万石の領主となり、大増築を行った。
 石垣を造るために、石仏や平城宮の羅城門の礎石までかき集めたといい、天守台北側の逆さ地蔵はその際のものという。追手門・多聞櫓などが復元されており、桜の名勝である。

お堀で遊ぶアヒル
                                                     お堀で遊ぶアヒル

 郡山城解説 追手門と追手向櫓
                                            追手門と追手向櫓

 追手門 追手東隅櫓
          追手門                              ↑追手東隅櫓

追手向櫓

 この櫓が今の名前にかえられたのは、柳沢氏入城後で、それまでは「法印斜曲輪巽隅櫓」(ほういんななめのくるわ、たつみすみやぐら)と呼ばれていた。
 豊臣秀長入城時(1583)に筆頭家老で5万石を食んでいた桑山一庵法印良慶の屋敷がこの曲輪に構築されていたので、この曲輪を法印郭(曲輪)又は、一庵丸と呼ぶようになった。
  

                ↑上は、追手向櫓                     ↑上は、追手向櫓解説

さかさ地蔵解説

  さかさ地蔵

さかさ地蔵

 天守台北側のさかさ地蔵と、路傍に忘れ去られた野仏や、都市開発工事で掘り出されたもの等、誰とはなしにここに運んだものです。

  天守台

 天守台 柳沢神社の裏から撮った天守台
       今はなき天守閣の天守台                 柳沢神社の裏から撮った天守台

  柳 沢 神 社

柳沢神社 御由緒

 柳沢神社 竹林門跡
          柳沢神社                         柳沢神社、天守台へ入っていく竹林門跡  

      ページTOPへ戻る

奈良斑鳩へのアクセス

 金剛山寺 矢田寺
 ■JR天王寺駅より  JR大和路快速奈良行  大和小泉駅下車  約27分 料金大人450円・・・ 徒歩約60分
 ■JR天王寺駅より  JR環状線  鶴橋駅駅下車  約6分 料金大人120円・・・乗換え・・・近鉄奈良線特急奈良行 大和西大寺下車  約25分・・・乗換え・・・近鉄橿原線急行天理行 近鉄郡山駅下車 約6分 料金近鉄線内540円・・・ 徒歩約60分
 ■車の時
 西名阪道松原インターより  郡山IC出る、矢田寺まで  約55分 高速料金800円

 郡山城跡
 ■JR天王寺駅より  JR大和路快速奈良行  郡山駅下車  約31分 料金大人450円・・・ 徒歩約16分
 ■JR天王寺駅より  JR環状線  鶴橋駅駅下車  約6分 料金大人120円・・・乗換え・・・近鉄奈良線特急奈良行 大和西大寺下車  約25分・・・乗換え・・・近鉄橿原線急行天理行 近鉄郡山駅下車 約6分 料金近鉄線内540円・・・ 徒歩約12分
  ■車の時
 西名阪道松原インターより  郡山IC出る、郡山城跡まで  約40分 高速料金800円

   2008年9月現在の情報です。

     ページTOPへ戻る

TOPページマミのプロフィール管理人のプロフィールお問合せ サイトマップ
愛犬マミ 著 者    石橋信幸 大阪市平野区長吉出戸5丁目1-4
TEL:06(6702)5910  FAX:06(6702)5910
メール;pt4c5i@bma.biglobe.ne.jp
Copyright(C)2008 pukumami All Rights Reserved
当サイトの画像・文章等の無断使用、無断掲載を禁じます。