JR九州 自動放送関連

ここでは、JR九州で流れる自動放送に関する様々なコンテンツをご覧になれます。各ページからご覧下さい。


自動放送の紹介・解説


九州新幹線SIRIUS(シリウス)放送

九州新幹線の自動放送を紹介します。自動放送は在来線に比べるとシンプルですが、山陽新幹線に直通する関係で、JR西日本管内の行先・停車駅の放送を多数聞くことができる点にも注目です。また九州新幹線では、JR九州初となる発車メロディが導入されています。
JACROS詳細型放送

博多駅を始め、小倉駅、大分駅、熊本駅等多数の駅に導入されている詳細放送です。1つの列車を入線前から発車するまで詳細に案内するこの放送は、膨大なパーツを使用していますが、制作元であるカンノ製作所の技術によって非常に自然な放送であるのが特徴です。
JACROS詳細型放送・異常時放送編

JACROS詳細型放送の、異常時等に流れる放送を紹介します。ダイヤ乱れが発生し、列車の遅れ、列車の運休、行先の変更、のりばの変更が発生した際も自動放送にて案内することが可能となっています。さらに理由まで放送されることもあり、これらの放送を多数掲載しています。
九州遠隔型放送(近日公開)

主にJACROS未導入の路線で、利用者や列車本数の多い路線を対象に導入されている自動放送です。合成音声である利点を活かして、JACROS詳細型放送にはない行先パーツや詳細な遅延・運休放送等、柔軟な案内が可能となっています。同じ放送がJR西日本管内にも導入されている為、一部JR西日本の放送も掲載しています。
その他 各種放送(接近放送・遠隔放送・接近ベル等)

主要駅には詳細な放送が導入されていますが、JR九州では基本的にその他の駅では、列車が接近する際に流れる「接近放送」が主となります。接近放送の種類は千差万別で、様々な放送が存在しています。接近放送の他、遠隔放送や接近ベル・サイレンも紹介します。



その他 自動放送関連


JR九州管内で使われているスピーカー

JR九州管内の駅で見かけるスピーカーをご紹介します。メーカーはUNI‐PEX、TOA、カンノ製作所等様々です。写真と主な使用駅を掲載しております。
JACROS詳細型放送・行先パーツ大全(現在改装中です)

JACROS詳細型放送の行先パーツ(○○行き)の有無などをまとめてみました。毎日聞けるお馴染みの行先放送から、臨時列車で聞ける放送、次いつ聞けるか分からない貴重な放送まで、幅広く紹介してきます。
少しおかしな?放送集

JACROS詳細型放送は豊富なパーツで詳細に放送されますが、しばしば放送内容がおかしくなることがあります。このコーナーでは、そんなバグ放送の放送をまとめてみます。なお、音声は既に各ページに掲載しているものも含まれています。
新コーナー準備中

この新コーナーでは、上のJACROS詳細型放送では触れていない部分などを、より詳しくより深く紹介していきます。細かいパーツの違いや、放送の構成など、かなりマニアックなコーナーになりそうなので、興味のある方のみご覧下さい。(まだ公開まで暫くかかる見込みです)



車内自動放送


車内放送のページは2015年5月3日を持って終了しました。
なお掲載していた音声は、相互リンクして頂いてますおみず様のサイト「とらふぃっく こんだくたー」に提供しております。




TOPへ戻る