目次
ページ選択
 
     Welcome カウンター
 開設  2010年1月1日 


 





 



上記 リンクへどうぞ
能登飯田熱い 
   2017年8月   
The Matsuri
 ◆地元石川県に居ながら金沢から珠洲飯田まで片道2時間半かけて夏祭りに参加した事が無かった。奥能登で行われる370余年歴史のある春日神社の神事です。燈籠山を含め、全9基の山車(やま)の町内曳きまわしと榊神輿の渡御がある。中でも、高さ約16mを誇る「燈籠山(とろやま)」が最大の見物となる。時間を忘れて金沢に帰着したのは午前零時を過ぎていた。トップページから3ページまで「登龍山祭り」一色です。
 ●トップページは、「山車」のお披露目‼
 ●2ページは「夏祭りの文化」は能登に根ずく!
 ●3ページは 登龍山祭りのフィナーレ!
を夫々ご紹介しましょう。  
◆勇壮な能登の夏祭りの太鼓が鳴り響いています。
 
ロールオーバー方式を廃止し、タブレットファンの為に1点紹介方式にしました。
 

↑  燈籠山人形のルーツは形や作り方も酷似していることから、青森県立ちねぶたとされている。

  ↑  町の人々は賑々しくお迎えし、山車を造って町内を曳き廻り、
神々の神慮慰め奉ったのが燈籠山祭りの始まりです‼


↑  北前船が通っていた歴史から、いろいろな文化が
取り入れられていると考えられています。



↑  寛永年間(1624~1643)の初期、土用入り暑気甚だしい頃、
春日神社の七柱の神々に町へ、夕涼みをお出まし願ったのが始まりと言われている。


↑ 「作り物」乍、迫力があります。


↑ 今年も笑顔の写真コンテスト開催です。


↑ 豪華絢爛の山車‼


↑ 血が騒ぎます能登の祭り。


↑  一服のジュースは旨い‼


↑  笛吹童子。

 毎月1日更新   2017年8月1日