本文へスキップ

町田市葬儀社葬儀屋町田市家族葬町田葬儀町田市葬式町田市葬儀場・1日葬・安心の低価格格安火葬式直葬98,000円~密葬町田市葬儀屋口コミ


サイトマップ
町田市葬儀社>TOP

<strong>町田市 葬儀社</strong>・<strong>町田 葬儀</strong>







<strong>町田市の葬儀社</strong>

町田市葬儀社が葬儀の疑問・質問に答えるページの続きです。51問~60問
町田市葬儀場における(納棺、町田市の葬祭費、家族葬・自由葬)など

<町田市の葬儀社・前頁
町田葬儀社・後頁>


<町田市の葬儀社・前頁
町田葬儀社・後頁>

解説項目(町田葬儀の疑問41~50)



<strong>町田市葬儀社</strong><font color=51Q、特に宗教も、お寺さんもありませんので、自由な葬儀で、お別れを考えています。町田で家族葬自由葬)をすると、どんな流れになるのですか?
A、町田市の葬儀場南多摩斎場にて家族葬自由葬)を行った場合について、説明します。
①ご遺族主導の自由葬ーこれは、ご遺族が司会や進行を考えて、自由に式場を使っていただく葬儀です。故人様の思い出話や好きだった音楽をかけたりして故人様をお見送りします。
②葬儀社主導の自由葬ーこちらは、司会が故人様の好きだった音楽を何曲か用意して、献花をしていただき、お花入れ、(お時間があれば、皆様よりお言葉を故人様にかけて頂き)喪主様御挨拶、御出棺といった流れになります。
注意)南多摩斎場より注意があります。(町田市葬儀場南多摩斎場公式ホームページより)

※式場が接近しており、隣の式場に迷惑がかかりますので、次の点にご注意ください。
① 合唱・讃美歌等の際、放送設備は使用しないでください。
② 楽器等は使用しないでください。

弊社では生演奏等は町田市旭町にある、みなみ会館でのご利用をお勧めしています。


<strong>町田市葬儀社</strong><font color=52,納棺について
弊社の場合をお話します。最近は、納棺自体も簡素化しています。
ご安置所にご遺体をお預かりする場合、弊社にて納棺(保冷などの意味もあり、棺にご遺体を収めさせて頂いております。)させて頂き、その後、ご遺族にお旅立ちの準備をして頂いております。流れといたしましては、足袋、膝宛、手甲、お数珠、頭陀袋(紙の六文銭入り)、天冠、白装束、帯などを、皆様で置いて頂いております。浄土真宗様は、お旅立ちの準備は基本しません。亡くなると、阿弥陀様が迎えに来て西方極楽浄土へ連れて行って下さるので、三途の川で脱衣婆に身ぐるみ剥がされることも、閻魔様にジャッジされることもありません。


<strong>町田市葬儀社</strong><font color=53Q、香典袋の表書きについて、特に浄土真宗は御霊前は使わないと聞いたのですが?
A、49日前でしたら、「御霊前」、49日法要からは、「御仏前」が一般ですが、浄土真宗の場合は、亡くなられると、阿弥陀様がすぐにお迎えに来られますので、「御仏前」の表書きになります。因みに既に仏様になられていますので、お浄め塩は使いません。
*浄土真宗のお葬式の場合、御会葬のかたは、普通「御霊前」で大丈夫ですが、気になる方は、「お香典」とされるのが良いと思います。


<strong>町田市葬儀社</strong><font color=54Q,複数の葬儀社から見積もりを取った場合の見比べ方は?
A,相見積もりを取った場合、見比べるのは大変難しいのではないかと思います。それは、品質が一定の物を買うわけではないからです。
ご相談のされる方は、「この金額で他社から見積もりをもらったのですが、貴社ではどのくらいでできますか?」とご相談されるのも良いと思います。通常、金額は安く出来ます。
見積書の見方として、①支払い総額はどのくらいになるのかを見ます。②返礼品、料理について見ます。あまり安く見積もりを出している葬儀社は確認されると良いと思います。目安としては、返礼品は、即日返しの場合ですが、2,000円以上、お料理は3,000円以上の見積もりかどうかが目安になります。


<strong>町田市葬儀社</strong><font color=55Q、法事は何回忌までやればよいのですか?
A、一般的には、33回忌(32年)まですると、守護霊様になると言われています。それゆえ33回忌を弔い上げとも言います。医療が発達していない時代に考えられた法事の回数ですので、100歳でお亡くなりになられたかたを32年めに法事を行うのは、難しいく思えます。私は、7回忌以上出来れば、いいのではないでしょうか?とお話することがあります。

<strong>町田市葬儀社</strong><font color=56,盛り塩パワーとお清塩
時々、お店の前や、玄関先にお皿の上に円錐型に塩を盛っているのを見かけることがあります。調べてみると、中国から伝わった説があります。昔、中国の偉い人が、牛車に乗って町を廻り、牛が足を止めた家の女性と、一晩を共にするという風習がありました。ある家の女性がその人と一夜を共にするために玄関先に塩を盛りました。すると、牛はその家の前で足を止め、塩をなめ始めました。その女性はその偉い人との思いを遂げることができたそうです。これが、日本に伝わり、客寄せの為に盛り塩をするようになりました。
 お清め塩ですが、塩には殺菌作用があり、塩は昔から塩漬けなど、保存食品に使われてきました。そうしたことから、塩には邪気などを祓う浄化作用があると考えられ、葬儀の際に使われるようになりました。神道では、葬儀を穢れと考え神棚をとじたり、塩で身を清めます。日本に入って来た仏教は、神仏融合して、葬儀の後、塩で清めるようになりました。仏教の宗派では、浄土真宗はお浄め塩は使いません。会葬礼状に塩が入ってないのは、入れ忘れたのではなく、宗派の違いで入れてないのです。

町田市葬儀社・盛り塩と牛

<strong>町田市葬儀社</strong><font color=57,町田市火葬場南多摩斎場で火葬出来る棺の大きさについて。
昨日、深夜番組をみていましたら、テレビ東京で、「マツコ・昨日死んだってよ」という特別番組を放映していました。テレビをみていて、そういえば、町田市の火葬場南多摩斎場では、火葬炉の制限があった事を思い出しました。
簡単ですが、南多摩斎場公式ページより引用させていただきます。
【棺が大型(高さ50cm、幅63cm、長さ200cm以上)又は重さ150kgを超 える棺は、火葬ができませんのでご注意ください。】
因みに、しらべましたら、東京で一番大きな火葬炉を持っているのは、町屋斎場とのことでした。長さは2m40cmまで火葬炉にお納めることが出来ます。お相撲さん両国国技館が近くにあることも要因だと思います。

<strong>町田市葬儀社</strong><font color=58,町田市の葬祭費・埋葬費の記入例
町田市で葬儀を行った後に、故人様が国民保険や後期高齢者医療保険に加入されていた場合に支給される葬儀費用の補助金のことで、葬祭費又は埋葬費とよばれています。時々、家族葬など通夜・告別式を行わない直葬をなされたご遺族には、葬祭費は支給されないのではないかと思われる方がいられますが、町田市で葬儀を行ったご遺族に支払われる補助金ですので忘れずに町田市役所へ請求して下さい。注意すべきは、2年以内に請求しなければならないということです。請求せずに待っていても、町田市役所より葬祭費を受け取れる連絡はありません。下記に葬祭費の記入例を添付します。
<strong>町田市で葬儀</strong>後支給される葬祭費
町田市は添付書類として、葬儀屋の領収書または、会葬礼状となっています。
支給額は5万円です。

<strong>町田市葬儀社</strong><font color=59Q,訃報の知らせを聞いた時、どのような言葉を返したら良いのですか?
A,訃報の知らせには、ご愁傷様です御悔み申し上げます。と言われるのが一般的です。
ご冥福をお祈りいたします。の冥福と言う言葉は、キリスト教や浄土真宗では使わないようです。天国や極楽浄土であり、冥土ではないからと言う理由だそうですが、私は、慣用句として使われてきた言葉であり、あまり気にしなくても良いのではないかと思います。

<strong>町田市葬儀社</strong><font color=60,墓守
お墓に入れる人は、直系の親族しか入れないと言われる方もおいでになりますが、お墓を継ぐ人がいない場合、お墓を立て替えて、両家墓とする場合もあり、様々なケースがあります。お墓を継ぐ話は、血縁か血縁ではないかという話ではなくて、祭祀継承者(墓守)がやることになります。通常は長男がやりますが、事情によっては、継承する者が誰もいない時は、跡取りを別に設定して墓守をしていく場合があります。周りの人の考えかた、話し合いで決まってしまっている事が多いようです。



<町田市の葬儀社・前頁
町田市葬儀場・後頁

町田市葬儀社
執筆責任者 小笠原 行雄

24時間いつでも
フリーダイヤル   苦 な く   よ い 一番(葬儀)
0120-979-411
町田市民葬祭
 
スマートフォン

 

ナビゲーション