本文へスキップ

町田市葬儀社町田市家族葬町田市葬儀お葬式町田市葬儀の疑問に答える

町田 葬儀







町田市葬儀社町田市民葬祭家族葬1日葬直葬火葬式)98,000円~の町田市葬儀を、残されたご家族の今後を第一に、心を込めて御提案させてただいております。

<strong>町田市葬儀社</strong>

町田市葬儀社の町田市民葬祭が町田市葬儀疑問に、答えて答える。
町田市葬儀でよく聞かれるお葬式の疑問を集めてみました。)
目次(5)


1 2 3 4 5 6

<strong>町田市葬儀社</strong>・会葬礼状Q、会葬礼状には何故句読点が無いのですか?
A、古来、毛筆文では、句読点がありませんでした。その後、読みやすくするために、句読点が付け加えられました。伝統を厳粛に重んじる式典や、お葬式は、古来の慣例に則り句読点が付いていません。
最近は、オリジナルの礼状などもあり、読みやすさや、伝統にこだわらない会葬礼状が見受けられるようになりました。
町田市で葬儀を行ったご遺族に支給される葬祭費の請求は、会葬礼状または、葬儀の領収書を添付することになっています。因みに、葬祭費の金額は5万円で、2年以内に申請してください。
町田市葬儀社、町田市民葬祭が町田市葬儀の疑問に答えます。】

<strong>町田市葬儀社</strong>・猫又猫又
猫又には、山の中にいる妖怪と、人に飼われていた猫が、年老いて猫又になると言う二つの話があります。人家に飼われていた猫が化ける猫又についてお話します。猫はその眼光や不思議な習性によって、死者を蘇させたり、猫を殺すと7代までたたられるなどと言われます。猫と死者とにかかわる俗信は、猫は肉食性で、腐臭を嗅ぎ分ける能力が高く、死体に近づく習性があると言われています。人によっては、故人様に「猫を近づけるな。」と言われる方もおいでになりますが、最近では、ご自宅で故人様が好きだった猫を抱え、お別れするご遺族も増えています。
注意)南多摩斎場では、盲導犬以外の動物の持込みは出来ません。

<strong>町田市葬儀社</strong>・<strong>町田市家族葬</strong>・猫又猫のしっぽが2つに分かれています。
町田市葬儀社、町田市民葬祭が町田市葬儀の疑問に答えます。】

<strong>町田市 葬儀社</strong>・1日葬・家族葬町田市の斎場南多摩斎場での1日葬について
町田市上小山田にある南多摩斎場1日葬を考えているご遺族へ。
町田市葬祭場の南多摩斎場は、通夜、告別式の利用で料金が発生します。つまり、お通夜をやらなくても、葬儀式場の利用料は変わりません。最近では、ご高齢の方々が多かったり、遠方の親戚のかたが、やはりご高齢だったりするため、人が集まらず、家族葬を行うご遺族が大変多くなっています。1日葬におきましても、ご遺族の身体的軽減、葬儀費用をおさえる等の理由から、最近増えています。
町田市葬儀社の弊社では、お通夜を行わない告別式前日も、出来れば、ご遺族に集まっていただき、みなさまで、故人様を偲んでいただくことをお勧めしています。南多摩斎場は、お食事等持込みができますので、ご遺族控室等で簡単なお食事をしたり、また、2人以上でしたら、お泊りもできますので、お通夜は行わないが、お泊りをされるご遺族もおいでになります。夜を通して故人様の思い出を語らい、ご遺体をお守りすることができます

町田市葬儀社、町田市民葬祭が町田市葬儀の疑問に答えます。】

<strong>町田市の葬儀社</strong>・<strong>南多摩斎場</strong>・<strong>火葬場</strong>Q、火葬は死後24時間は出来ない。と聞いたのですが、なぜ24時間は火葬出来ないのですか?
A、24時間ルールは明治17年に作られた墓地の埋葬取締規則が昭和22年つくられた墓地埋葬法にも引き継がれています。当時は医療の技術も今ほど発展していまさんでしたから、亡くなったと思った人が蘇生することがありました。そこで、死亡後24時間は火葬してはいけませんと言う24時間ルールを作りました。
しかし、伝染病などは、別段の定めをおき、24時間待たなくても火葬できます。

墓地・埋葬等に関する法律
■第3条[24時間内の埋葬・火葬の禁止]

埋葬又は火葬は、他の法令に別段の定があるものを除く外、死亡又は死産後24時間を経過した後でなければ、これを行ってはならない。但し、妊娠7箇月に満たない死産のときは、この限りでない。
町田市葬儀社、町田市民葬祭が町田市葬儀の疑問に答えます。】

<strong>町田市 葬儀社</strong>・<strong>町田市家族葬</strong>Q、亡くなられた方のお顔に白い布をかけるのは何故ですか?
A、調べてみると、いろいろな説があります。一般的には、白い布は棺にお納めするまでに使用します。私は、乾燥するので掛けておいてください。と説明しています。色々な説があり、邪気が入り込まないためだとか、万が一蘇生した場合分かりやすいだとか、言われる方もいます。実際は、ご遺体が傷むのをあまり見ない方が良いために掛けているのではないかと思います。白い布のことを「打ち覆い」とも言います。
町田市葬儀社、町田市民葬祭が町田市葬儀の疑問に答えます。】

1 2 3 4 5 6

町田市葬儀社
執筆責任者 小笠原 行雄

24時間いつでも
フリーダイヤル   苦 な く   よ い 一番(葬儀)
0120-979-411
町田市民葬祭