あなたはhttp://vpack.www7b.biglobe.ne.jp/vpack/Count.cgi?dd=A|md=6|srgb=00ff00|prgb=ffffff|chcolor=Y|frgb=020202|ft=6|tr=N番目の訪問者です!

     

 

日本おもちゃ病院協会

 

 

 

印西おもゃ図書館

 

 

 

修理

 

 

 

もの作り

 

 

 

規約

 

 

 

お知ら

 

 

 

参考資料

 

 

 

image010.jpg

 

 

 

 

 

image011.jpg

 

 

 

 

image012.png

 

 

 

image009.jpg

 

 

 

 

image010.jpg

 

 

 

 

 

 

 

image011.jpg

 

 

image012.png

おもちゃの病気治します

大切なおもちゃが壊れてしまったり動かなくなった時、修理をします

おもちゃの病院て な〜に? 

印西おもちゃ病院は印西市社会福祉協議会のボランティア活動として動かなくなってしまったおもちゃ・鳴らなくなってしまったおもちゃの修理を行っています。修理費用は原則無償で修理致します。
但し部品を購入した時は部品代の実費費用がかかります。

病院
開館日

毎月

第一土曜日 13001600 中央駅前地域交流館
第一金曜日  9001200 ふれあいセンター印旛児童館

第二水曜日  9001200 本埜ファミリア館

第三木曜日  9001200 草深つどいの広場
第三金曜日  9001200 総合福祉センター
第三土曜日 13001600 草深ふれあいの里

最終土曜日 13001600 牧の原モア

  修理の
受付

総合福祉センター(木下)ボランティア協議会で
月曜日〜金曜日の AM 900 〜 PM 500
の開館中は受付をしています 

 

 

 

 

 

安全上等で、病院で修理してはいけないおもちゃ

・エアガン・ガスガン・電動ガン・浮き輪・浮き袋・プール

AC100Vに直結するおもちゃ

・家電製品等・法的に規制のあるもの・骨董的・工芸的な価値のあるもの

こうしたおもちゃは、安全面の配慮,および骨董品・工芸品は価値の保証はできないなどから修理を引受け出来ません。

・防犯ブザーの修理 (修理をしても、防犯ブザーの性能を満たさない可能性があること、また保証面で困難があると考えられます。) 

ただし、学校や地域の組織などが主体となり修理や点検を要請される場合などでは検討致します。

 

おもちゃ修理に関するお問合せや相談は下記へ
お気軽に連絡してみて下さい

連絡先

印西おもちゃの病院
◆院長 言後 良一 (ごんご りょういち)
TEL 0476-42-4871
◆携帯 090-7204-9751
Email gongo@mvc.biglobe.ne.jp  

おもちゃの病院スタッフ

 

おもちゃドクター

◆石井恒生(滝野) ◆渥美智邦(小林) ◆井内寿章(木下東)

◆松本俊治(佐倉) ◆渡邉良文(小林) ◆岩崎善巳(木下東)

◆久保谷喬(美瀬) ◆阿部芳雄(小林) ◆時光江梨花

◆阪本章義(木刈) ◆河井雅仁(西の原) 

★子供ドクター

◆後藤嵩・田中優希・秋井一希・神田咲空・佐々木萌衣

 

印西おもちゃの病院主催 もの作り教室

 

 

 

 

 

印西おもちゃの病院は下記の3項目を念頭に、子供たちの「笑顔」と「おじさん有難う」の     一言を力にし、自分たちの趣味を活かし、老後の生きがいを見つける場として活動する      事を目的としています。

 

1)おもちゃの修理によって、もの作りとか科学・技術に興味を持ってもらう

 ・大切なおもちゃが壊れてしまった、なんとかもとどおりに成らないか?

 ・もの作り教室等を通し、もの作りの楽しさを実感する

2)ものを大切にする心、「もったいない」の気持ちを持ってもらう

 ・作ってくれた人や自然の恵み、物の存在に感謝しつつ暮らす

 ・愛と思いやりの心、「もったいない」の心をもち、遊びに工夫をする

   この事により、もったいないっておもしろいんだ! という新たな発想を持つ

3)おもちゃを治す事により、子供たちも3Rの考え方を持ってもらう

      再使用(リユースReuse)、再生利用(リサイクルRecycle

廃棄物の発生抑制(リデュースReduce))

 

 

Copyright(C) 2012 印西おもちゃの病院.