大崎八幡宮・どんと祭・裸詣り

どんと祭
全国各地の神社でも毎年1月14日小正月に、正月の飾り物・古札を神社に納め境内で焼納(どんと祭)する地方恒例の行事があります。
大崎八幡宮のどんと祭には 同時に裸詣りも行われ、この行事は300年もの歴史あるものです。山と積み上げられた(正月の飾り物、古札、等)焼納物に点火され、勢いよくどんどんと燃え上がる 、この火にあたると一年間の無病息災、家内安全の加護が得られると言い伝えられている。
裸詣り
 この日、ご神火を目指し参拝する裸詣りがあります、この厳寒時、仕込みに入る酒杜氏が醸造安全、吟醸祈願のために参拝したのが始まりとされ江戸時代、中期には、すでに定着していたと云われております、 現在に於いても、白鉢巻き、白のさらしを胴に巻き、口に私語を慎む含み紙を銜え、右手に鈴、左手に提灯、を持ち市内各所から数千人が参拝する様は、まさに冬の風物詩として有名で、全国に知られている、

 

平成17年、仙台市の無形民俗文化財
に指定されております







  

一番丁鐘埼蒲鉾店出陣準備中