俳句と、やきものと、季節の話題のサイトです。花や鳥のこと、染付、色絵、赤絵の四季折々の器のことなど、ごゆっくりどうぞ。「うつわ歳時記」は、2001年4月1日に開始しました。「今月の表紙」は毎月第一月曜日に、「工房より」は毎月曜日に更新します。 石川県加賀市 橋本薫(おるか)、橋本俊和(オットセイ)

うつわ歳時記

緑の頃


 新緑の季節、日々色をかえる山々の緑の美しさは見飽きることがありません。この時節を、黄金週間って呼ぶのは、本当に良いネーミングですね。毎年のことながら、ランボーの、「黄金時代」をおもいだします。イヴ・ボヌフォワが「言葉が緑と黄金に輝く」と評していた詩。とてもきれいな詩です。偉い人が訳すとどうにも小難しくなってしまいますけどね。中原中也の訳もわけわかんないし。


 それでも、植物の生気にあてられるのか、逆に物憂くなったりもします。私も、そんな情け無い性質の一人です。草むしりしながらぼんやり空を見たりして、この美しい時を無為に過ごしてしまいそうです。気をつけましょう。


 さて、写真手前の木目のきれいなお皿は山中塗り佐竹康宏さんの作品。超絶的完成度の高さです。その上のちいさな御菓子用ナイフは岐阜県もず工房の河村寿昌さん、お匙は、あー!すみません御名前度忘れ。加賀の作家です。奥の我谷盆は滋賀県の佃眞吾さんの作品です。どれも昔手に入れたものですが、今ではなかなか気軽に買える値段ではなくなってしまいました。我が家の普段使いの木工作品、けっこう自慢です。磁器は、うーん、自作なので食事のたびに「もっと、○○するんだったか?」と考えてしまうのはつらいですね。でも、使っているうちに器は味が出てくるので、救われます。百年ほど、しっとり使い込んでいただくと名品に育つ予定です。


 左手の柏餅の入っているのは青呉須手小菓子鉢、右側芙蓉手のお皿のうえの御干菓子は加賀大聖寺藩の紋所です。梅の蘂が加賀藩は、剣形のところが、こちらは先がまるくなっているんですって。


 緑茶を入れた蕎麦猪口は、菖蒲にもみえますので、使ってみました。


 菖蒲はその昔、万葉集では「あやめ草」といわれていたのが、いつのころか現在のあやめの花にその名をうばわれ、その後も花菖蒲にすっかりお株を奪われて、菖蒲湯に入れられるときだけの存在になってしまいました。花が無いってさびしいものですね。勿論目立たない花をちゃんと付けてはいるんですけどね。目だたな過ぎ。哀れ、サトイモ科の菖蒲よ。


 若々しい萌木色があまりきれいだったので楓の一枝を切ってみました。かえでの花がパラパラ落ちます。染付けの藍色は新緑に取り合わせると、清清しいですね。なんだか私も旅に出たくなりました。昔良く歩いた奈良や飛鳥の道が恋しい。室生寺にまた行きたいな。室生寺の雨宝童子様、おすこやかにあらせられますか?句は、命令形で失礼申し上げます。




  若楓雨宝童子も外に遊べ    おるか

2016年5月2日