トップページヘ   前へ   次へ 

    40歳 ('76年4/2〜'77年4/1生まれ)
    "女優・俳優"は、小雪・観月ありさの2大女優の存在感が強く、確固たる地位を確立。"芸人"は、タカ&トシが、ゴールデンレギュラー6本と飛ぶ鳥も落とす勢いで、一番の稼ぎ頭。"アーティスト"は、香取(SMAP) を筆頭に、NHKでも活躍する井ノ原(V6)・ゆずの知名度、人気が高い。"アナウンサー・キャスター"は、武内絵美と富川悠太(共にテレ朝)の報道ステーションコンビが活躍。また、 かつて女子アナブームの中核を担った元フジの内田恭子や、癒し系グラビアから女優にステップアップした井川遥もこの年代。

    女性タレント ('76年生まれ)

    1. 小雪('76年12月18日〜フラーム) 2. 井川遥('76年6月29日〜エフ・エム・ジー)
    3. 観月ありさ('76年12月5日〜ヴィジョン・ファクトリー) 4. 木村佳乃('76年4月10日〜トップコート)
    5. 瀬戸朝香('76年12月12日〜フォスター) 6. 辺見えみり('76年12月16日〜キャストコーポレーション)

    7. ほしのあき('77年3月14日〜A-PLUS) 8. 小沢真珠('77年1月3日〜ボックスコーポレーション)
    9. 坂下地千里子('76年4月19日〜ボックスコーポレーション) 10. 国分佐智子('76年12月5日〜ぱれっと)
    11. まちゃまちゃ('76年5月7日〜吉本)

    小雪

    井川遥

    観月ありさ

    木村佳乃

    瀬戸朝香

    辺見えみり

    ほしのあき

    男性タレント ('76年生まれ)

    1. 香取慎吾(SMAP)('77年1月31日〜ジャニーズ) 2. タカアンドトシ(吉本)/タカ('76年4月3日)・トシ('76年7月17日)
    3. 松岡昌宏(TOKIO)('77年1月11日〜ジャニーズ) 4. 井ノ原快彦(V6)('76年5月17日〜ジャニーズ)
    5. ゆず(セーニャアンドカンパニー)/北川('77年1月14日)・岩沢('76年10月14日)
    6. 伊勢谷友介('76年5月29日〜ピーダッシュ) 7.劇団ひとり('77年2月2日〜太田プロ)

    8. コブクロ(ワーナーミュージック)/黒田('77年3月18日)・小渕('77年3月13日) 9. パンクブーブー(吉本)/佐藤('76年4月3日)
    10. はなわ('76年7月20日〜ケイダッシュステージ) 11. 東京ダイナマイト(吉本)/松田('77年3月2日)
    12. アンガールズ(ワタナベ)/山根('76年5月27日) 13. スリムクラブ(吉本)/内間('76年6月19日)

    14. ロザン(吉本)/菅('76年10月29日)・宇治原('76年4月20日) 15. 長谷川博己('77年3月7日〜ヒラタオフィス)
    16. 天津木村('76年5月22日〜吉本) 17. 三瓶('76年11月23日〜吉本)
    18. 滝藤賢一('76年11月2日〜エージェントオフィスタクト) 19. ハマカーン(ケイダッシュステージ)/神田('77年3月12日)

    20. 有村昆('76年7月2日〜ホリプロ) 21. USA(EXILE)('77年2月2日〜LDH)
    22. 安田大サーカス(松竹)/クロちゃん('76年12月10日) 23. 若旦那(湘南乃風)('76年4月6日〜トイズファクトリー)
    24. 綾小路翔(気志團 ・Vo)('76年4月26日〜SMA) 25. 山本耕史('76年10月31日〜ワイツー・カンパニー)

    香取慎吾

    タカアンドトシ

    松岡昌宏

    井ノ原快彦

    ゆず

    伊勢谷友介

    劇団ひとり

    アナウンサー・キャスター ('76年生まれ)

    1. 武内絵美(テレ朝/東洋英和女学院大卒)('76年11月22日) 2. 富川悠太(テレ朝/横浜国立大卒)('76年9月3日)
    3. 久保田智子(TBS/東京外国語大卒)('77年1月24日) 4. 渡辺和洋(フジ/成城大卒)('76年5月15日)
    5. 内田恭子(元フジ・'06年3月退社/慶応大卒)('76年6月9日)
    6. 大橋マキ(元フジ・'01年3月退社〜トドプレス/聖心女子大卒)('76年10月30日)

    武内絵美

    富川悠太

    久保田智子

    渡辺和洋

    内田恭子

    大橋マキ

    文化人 ('76年生まれ)

    1. 中田英寿(元プロサッカー選手 / サッカー解説)('77年1月22日〜サニーサイドアップ)
    2. 西村博之(実業家)('76年11月16日) 3. 乙武洋匡(文筆家)('76年4月6日)

    中田英寿

    西村博之

    '76年の世相

    <出生数 / '76年>
    183万3,000人 男性 94万4,000人 女性 88万9,000人 出生率 1,85 干支 辰(タツ)年

    <政治 / '76年>
    総理 三木武夫 (〜12月 / 自民党 / 69歳)〜福田赳夫 (自民党 / 71歳 / 第67代 / 福田派)
    官房長官 井出一太郎 (〜12月)〜園田直 (第40代)
    大蔵大臣 大平正芳 (〜12月)〜坊秀男 (第81代)

    幹事長 中曽根康弘 (〜9月)〜内田常雄 (〜12月 / 第16代 / 大平派)〜大平正芳 (第17代 / 大平派)
    総務会長 灘尾弘吉 (〜9月)〜松野頼三 (〜12月 / 第19代 / 福田派)〜江崎真澄 (第20代 / 田中派)
    政調会長 松野頼三 (〜9月)〜桜内義雄 (〜12月 / 第25代 / 中曽根派)〜河本敏夫 (第26代 / 三木派)

    第34回衆議院総選挙 (ロッキード解散)  <争点> <投票日> '76年12月 <投票率> 73,5%
    <定数> 511人 (自民〜249 日本社会〜123 公明〜55)

    <世界 / '76年>
    米大統領 ジェラルド・R・フォード (共和党 / 63歳)
    中国国家主席 毛沢東 (〜9月 / 共産党 / 82歳)〜華国鋒 (カコクホウ / 共産党 / 55歳)
    韓国大統領 朴正煕 (パク・チョンヒ / 59歳)

    <スポーツ / '76年>
    第21回 モントリオール五輪 (7月〜8月 / カナダ) バレーボール・女子 (金) 体操・男子団体総合 (金)

    <大相撲 / '76年>
    輪島、北の湖が激しく優勝争う
    (1) 初場所 (1月 / 蔵前国技館で15日間)  幕内優勝〜横綱北の湖 (三保関 / 5回目 / 22歳) 13勝2敗
    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館で15日間)  幕内優勝〜横綱輪島 (花籠 / 8回目 / 28歳) 13勝2敗
    関脇旭国との優勝決定戦を制す
    場所後、旭国が大関昇進
    (3) 夏場所 (5月 / 蔵前国技館で15日間)  幕内優勝〜横綱北の湖 (三保関 / 6回目 / 23歳) 13勝2敗
    横綱輪島との優勝決定戦を制す

    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館で15日間)  幕内優勝〜横綱輪島 (花籠 / 9回目 / 28歳) 14勝1敗
    (5) 秋場所 (9月 / 蔵前国技館で15日間)  幕内優勝〜前頭4魁傑 (花籠 / 2回目) 14勝1敗
    (6) 九州場所 (11月 / 九電記念体育館で15日間)  幕内優勝〜横綱北の湖 (三保関 / 7回目 / 23歳) 14勝1敗


    <プロ野球 / '76年>
    ・ セリーグ優勝 巨人 (長嶋茂雄監督 / 40歳) / (勝)76 (敗)45 (分)9 (勝率).628
    MVP 王貞治 (巨人 / 内 / 36歳) / (率).325 (本)49 (点)123 首位打者 ・ 谷沢健一 (中日) .355 最多本塁打 ・ 王貞治 (巨人) 49

    ・ パリーグ優勝 阪急 (上田利治監督) / (勝)79 (敗)45 (分)6 (勝率).637
    MVP 山田久志 (阪急 / 投) / (防)2.39 (勝敗S)26-7-5 首位打者 ・ 吉岡悟 (西鉄) .309 最多本塁打 ・ ジョーンズ (近鉄) 36

    ・ 日本シリーズ 阪急 (上田利治 / 2連覇) 4-3 巨人 (長嶋茂雄)
    MVP 福本豊 (阪急) / 敢闘賞 柴田勲 (巨人)

    '76年世代代表選手
    (1) 新井貴浩 ('77年1月30日 / '99-'07年 広島 ・ 内 〜 '08-'14年 阪神 〜 '15年- 広島)
    (2) 多村仁志 ('77年3月28日 / '95-'06年 横浜 ・ 外 〜 '07-'12年 ソフトバンク 〜 '13年- 横浜DeNA)
    (3) 城島健司 ('76年6月8日 / '95-'05年 ソフトバンク ・ 捕 〜 '06-'09年 マリナーズ 〜 '10-'12年 阪神)
    (4) 二岡智宏 ('76年4月29日 / '99-'08年 巨人 ・ 内 〜 '09-'13年 日本ハム)
    (5) 渡辺俊介 ('76年8月27日 / '01-'13年 ロッテ ・ 投)

    <流行語 / '76年>
    ・ オヨヨ ・ わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ ・ 限りなく○○に近い×× ・ 記憶にございません ・ 灰色高官 ・ ピーナッツ

    <世相風俗 / '76年>
    ・ およげ!たいやきくん ・ ルームランナー ・ スケートボード

    <第18回日本レコード大賞 ・ TBS / '76年>
    司会〜高橋圭三 (8年連続8回目) ・ 森光子 (5年連続5回目)
    大賞「北の宿から」 都はるみ
    最優秀新人賞〜「想い出ぼろぼろ」 内藤やす子 / 最優秀歌唱賞〜「もう一度逢いたい」 八代亜紀

    <第27回NHK紅白歌合戦 / '76年 / 視聴率 74.6%>
    紅組司会〜佐良直美 (3年連続4回目) / 白組司会〜山川静夫
    主な初出場歌手研ナオコ ・ あおい輝彦
    主な常連歌手島倉千代子 (20回目) ・ 都はるみ (12回目) ・ 郷ひろみ (4回目) ・ 五木ひろし (6回目)
    大トリ紅組 都はるみ 「北の宿から」 (トリ1回目) / 白組 五木ひろし 「愛の始発」


    39歳 ('77年4/2〜'78年4/1生まれ)
    "女優・俳優"は、菅野美穂・松たか子の2大女優がドラマ・CMなどで需要が高く、長年人気を維持。"芸人"は、綾部(ピース)が、ロンブー、千原Jrなどの先輩に重宝され多くの番組に出演。堤下&板倉(インパ)もコントに軸足を置き、認知度が高い。"アーティスト"は、安室奈美恵 が抜群のキャリア、実績を誇りカリスマ的な人気は健在。"アナウンサー・キャスター"は、元日テレの看板アナ西尾由佳理と、滝川クリステルの知名度、人気が抜き出ている。また、"めちゃイケ"レギュラーの雛形あきこ・鈴木紗理奈もこの年代。

    女性タレント ('77年生まれ)

    1. 安室奈美恵('77年9月20日〜ヴィジョンファクトリー) 2. 菅野美穂('77年8月22日〜研音)
    3. 松たか子('77年6月10日〜パパドゥ) 4. 雛形あきこ('78年1月27日〜サンズエンタ)
    5. 伊東美咲('77年5月26日〜研音) 6. 菊川怜('78年2月28日〜オスカー)

    7. 持田香織('78年3月24日〜エイベックス) 8. 酒井美紀('78年2月21日〜オフィスジュニア)
    9. 山口もえ('77年6月11日〜スターダスト) 10. 鈴木紗理奈('77年7月13日〜アーティストハウス・ピラミッド)
    11. 佐藤藍子('77年9月26日〜オスカー) 12. 矢部美穂('77年6月7日〜スカイコーポレーション)
    13. 藤崎奈々子('77年12月19日〜アヴィラ)

    安室奈美恵

    菅野美穂

    松たか子

    雛形あきこ

    伊東美咲

    菊川怜

    持田香織

    男性タレント ('77年生まれ)

    1. 市川海老蔵('77年12月6日〜市川團十郎事務所) 2. インパルス(吉本)/堤下('77年9月9日)・板倉('78年1月30日)
    3. 南海キャンディーズ(吉本)/山里('77年4月14日) 4. ピース(吉本)/綾部('77年12月13日)
    5. 氷川きよし('77年9月6日〜長良グループ) 6. 島田秀平('77年12月5日〜ホリプロコム)

    7. ナイツ(マセキ芸能)/塙('78年3月27日) 8. ライセンス(吉本)/藤原('77年9月20日)・井本('78年1月27日)
    9. 我が家(ワタナベ)/谷田部('77年12月14日)・杉山('77年4月23日)・坪倉('77年9月9日)
    10. カラテカ(吉本)/入江('77年4月9日)・矢部('77年6月30日) 11. 猫ひろし('77年8月8日〜WAHAHA商店)

    12. ハマカーン(ケイダッシュステージ)/浜谷('77年11月19日) 13. 安田大サーカス(松竹)/HIRO('77年4月20日)
    14. 三浦マイルド('77年10月18日〜吉本)

    市川海老蔵

    インパルス

    南海キャンディーズ山里

    ピース綾部

    氷川きよし

    島田秀平

    ナイツ塙

    アナウンサー・キャスター ('77年生まれ)

    1. 西尾由佳理(元日テレ・'11年8月退社〜セントフォース/東京女子大卒)('77年7月25日)
    2. 滝川クリステル(フォニックス/青山学院大卒)('77年10月1日)
    3. 千野志麻(元フジ・'05年12月退社〜ハーモニープロモーション/聖心女子大卒)('77年8月9日)
    4. 古瀬絵理(オフィス・トゥー・ワン/玉川大卒)('78年2月8日)
    5. 堀潤(元NHK・'13年4月退社〜ノースプロダクション/立教大卒)('77年7月9日)

    西尾由佳理

    滝川クリステル

    千野志麻

    古瀬絵理

    文化人 ('77年生まれ)

    1. 大渕愛子(弁護士)('77年8月12日〜アムール法律事務所)

    大渕愛子

    '77年の世相

    <出生数 / '77年>
    175万5,000人 男性 90万3,000人 女性 85万2,000人 出生率 1,80 干支 巳(ミ)年

    <政治 / '77年>
    総理 福田赳夫 (自民党 / 72歳)
    官房長官 園田直 (〜11月)〜安倍晋太郎 (第41代)
    大蔵大臣 坊秀男 (〜11月)〜村山達雄 (第82代)

    幹事長 大平正芳
    総務会長 江崎真澄 (〜11月)〜中曽根康弘 (第21代 / 中曽根派)
    政調会長 河本敏夫 (〜11月)〜江崎真澄 (第27代 / 田中派)

    第11回参議院選挙  <争点> <投票日> '77年7月 <投票率> 68,5%
    <定数> 249人 (自民〜124 日本社会〜56 公明〜25)

    <世界 / '77年>
    米大統領 ジェラルド・R・フォード (〜1月 / 共和党 / 63歳)〜ジミー・カーター (民主党 / 53歳)
    中国国家主席 華国鋒 (共産党 / 56歳)
    韓国大統領 朴正煕 (パク・チョンヒ / 60歳)

    <大相撲 / '77年>
    続く輪湖時代。若三杉が初優勝
    (1) 初場所 (1月 / 蔵前国技館で15日間)  幕内優勝〜横綱輪島 (花籠 / 10回目 / 29歳) 13勝2敗
    場所後、若三杉、魁傑が大関昇進
    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館で15日間)  幕内優勝〜横綱北の湖 (三保関 / 8回目 / 23歳) 15戦全勝
    (3) 夏場所 (5月 / 蔵前国技館で15日間)  幕内優勝〜大関若三杉 (二子山 / 1回目) 13勝2敗
    元大関大受が引退

    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館で15日間)  幕内優勝〜横綱輪島 (花籠 / 11回目 / 29歳) 15戦全勝
    (5) 秋場所 (9月 / 蔵前国技館で15日間)  幕内優勝〜横綱北の湖 (三保関 / 9回目 / 24歳) 15戦全勝
    (6) 九州場所 (11月 / 九電記念体育館で15日間)  幕内優勝〜横綱輪島 (花籠 / 12回目 / 29歳) 14勝1敗


    <プロ野球 / '77年>
    ・ セリーグ優勝 巨人 (長嶋茂雄監督 / 41歳) / (勝)80 (敗)46 (分)4 (勝率).635
    MVP 王貞治 (巨人 / 内 / 37歳) / (率).324 (本)50 (点)124 首位打者 ・ 若松勉 (ヤク) .358 最多本塁打 ・ 王貞治 (巨人) 50

    ・ パリーグ優勝 阪急 (上田利治監督) / (勝)69 (敗)51 (分)10 (勝率).575
    MVP 山田久志 (阪急 / 投) / (防)2.28 (勝敗S)16-10-7 首位打者 ・ 有藤道世 (ロッテ) .329 最多本塁打 ・ リー (ロッテ) 34

    ・ 日本シリーズ 阪急 (上田利治 / 3連覇) 4-1 巨人 (長嶋茂雄)
    MVP 山田久志 (阪急) / 敢闘賞 河埜和正 (巨人)

    '77年世代代表選手
    (1) 福留孝介 ('77年4月26日 / '99-'07年 中日 ・ 外 〜 '08-'11年 カブス 〜 '11年 インディアンス 〜 '12年 ホワイトソックス 〜 '13年- 阪神)
    (2) 荒木雅博 ('77年9月13日 / '96年- 中日 ・ 内)
    (3) 安藤優也 ('77年12月27日 / '02年- 阪神 ・ 投)
    (4) 藤井秀悟 ('77年5月12日 / '00-'07年 ヤクルト ・ 投 〜 '08-'09年 日本ハム 〜 '10-'11年 巨人 〜 '12-'14年 横浜DeNA)
    (5) 斉藤和巳 ('77年11月30日 / '96-'10年 ソフトバンク ・ 投)

    <流行語 / '77年>
    ・ 普通の女の子に戻りたい ・ 話がピーマン ・ 人の命は地球より重い

    <世相風俗 / '77年>
    ・ スーパーカー ・ カラオケ大流行 ・ デイパックが流行

    <第19回日本レコード大賞 ・ TBS / '77年>
    司会〜高橋圭三 (9年連続9回目) ・ 黒柳徹子 ・ 久米宏 (TBS)
    大賞「勝手にしやがれ」 沢田研二
    最優秀新人賞〜「帰らない」 清水健太郎 / 最優秀歌唱賞〜「愛の終着駅」 八代亜紀

    <第28回NHK紅白歌合戦 / '77年 / 視聴率 77.0%>
    紅組司会〜佐良直美 (4年連続5回目) / 白組司会〜山川静夫
    主な初出場歌手ピンク・レディー ・ 石川さゆり ・ 狩人 ・ 松崎しげる
    主な常連歌手山口百恵 (4回目) ・ 水前寺清子 (13回目) ・ 西城秀樹 (4回目) ・ 北島三郎 (15回目)
    大トリ紅組 八代亜紀 「おんな港町」 / 白組 五木ひろし 「灯りが欲しい」

    このページの先頭へ
    トップページヘ   前へ   次へ