このはなさくや図鑑〜美しい日本の桜〜

 日の本の国がまだ神代の時代、富士の頂から、花の種をまいて花を咲かせたとされる木之花咲耶姫(このはなさくやひめ:さくらのように美しい姫の意)は、日本最古の書、「古事記」に登場した女神です。そして、桜の語源は、一説によると、この「さくや」が転化したのではないかといわれています。
 美しい、世界に誇る桜の品種のほとんどが我が国にあり、このはなさくや姫の子ども達が「日の本の国」をところせましと咲き誇っています。
  年中、桜満開の「このはなさくや図鑑〜美しい日本の桜〜」 さくらを愛するすべての人に贈ります。

日本三大桜、根尾谷の淡墨桜 日本三大桜、山高の神代桜
日本三大桜、三春の滝桜

お花見ご入場

このサイトに収録のデータの著作権は、「このはなさくや図鑑〜美しい日本の桜〜」管理人が保有します無断転写、複製等は禁じます。
[素材提供(壁紙・アイコン):さくらや・桜ガーデン]
Yahoo! JAPAN 登録サイト カテゴリー「桜」